「へ〜そうだったのか〜」子宮内膜症の治療でピルが使われるって本当?

『そうだったの!?』子宮内膜症の治療でピルが使われるって本当?

子宮内膜症は、子宮内膜が本来あるべき場所ではなく、骨盤や卵巣など別の場所にできる病気です。
別の場所に子宮内膜あるいはそれに近い組織が存在することで、どのような症状が出てくるのでしょう。
それは、生理の度に、本来の場所にある子宮内膜と同じように出血したり炎症を引き起こしたりするのです。
それによって耐え難い痛みに苦しみ、頭痛や発熱などの症状も出てきます。

 

 

子宮内膜症を患ったならば、命を失ったり、重篤な後遺症になることはありません。
しかし、症状は徐々に重くなっていき、痛みは激しくなっていくので生理そのものが苦痛になってきます。

 

また、別の場所にできた組織は、周辺の組織と癒着をしてしまうために、生理だけでなく性行為や排便時などにも痛みが出てくる可能性もあります。
このような状態に苦しむならば、病院に足を運び、医師に相談をすることが解決方法となります。
その治療でピルが使われるのは、ピルの成分である女性ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンは、服用することで排卵が止まり生理に伴う出血を防ぐことが出来るからです。

 

 

また、別の場所にできた子宮内膜は、生理が来ると増殖していくわけですから、ピルを飲んで症状を泊めれば、やがては組織が小さくなっていく働きを期待することができます。

 

ただ、これで子宮内膜症の苦しみを逃れることが出来るとしても、良いことばかりではありません。
排卵を止めるのですから、これから子供をつくりたいと望む人にとっては、その妨げとなります。

 

もし、妊娠をするためにピルの服用を中止したならば、再び生理時の痛みが蘇ります。

 

そして、処方されるピルは、体質によっては効果が現れないこともあります。
その場合には、別の種類のピルに切り替えてもらうか、治療方法を変えるしかありません。
それに服用することで、吐き気や頭痛などの副作用が出てくることもあります。
服用をして問題が生じたときには、速やかに服用を中止したほうが良いでしょう。

ピルが生理痛対策におすすめなのはなぜ?


毎月の生理痛に悩む女性は多くいます。腹痛、腰痛、頭痛が主な症状として知られていますが、中には寝込んでしまうほどの痛みを抱えている人もいます。そもそも、生理は妊娠に備えて厚くなった子宮内膜が出血と共に体外に排出される現象です。周期には個人差がありますが、25〜38日の人が多いとされています。生理痛は、プロスタグランジンというホルモンによって引き起こされます。プロスタグランジンは子宮を収縮させる働きがありますが、分泌量が必要以上に多くなると、収縮が過剰になり痛みの原因になります。
今まで、生理痛は痛み止めを飲んで我慢するしかないとされていました。しかし、最近ではピルを飲むことで痛みの対策をとることができるようになりました。
ピルは避妊に使われる薬だというのが一般的な認識です。ピルには女性ホルモンが含まれていて、服用することで身体が妊娠している状態だと脳が考えるようになります。そのため、それ以上の排卵が起きることはなくなり、生理をコントロールすることができます。
おすすめサイト:【保存版】トリキュラー通販!トリキュラー代を大幅に節約するならココ

どうしてピルが生理痛対策になるの?


ピルを飲むことで生理痛対策になる理由は、排卵が抑えられることでプロスタグランジンの分泌量が減るためです。
さらに、出血量も減るために、生理が軽くなり、痛みもほとんどなくなるという人が多いです。頭痛や腹痛などの痛みが減ることはもちろんですが、生理前のイライラなどの症状を抑えることができるメリットがあります。

ピルを検討しているけど副作用が気になるという人は…

ピルを飲むことに抵抗を感じる女性もいます。確かに、副作用として不正出血や吐き気や頭痛といった症状が出ることもありますが、医師に相談してみましょう。多くの場合、ピルを飲むことで、以前よりも生理痛が改善されるということがメリットとしてあげられます。生理周期が一定になり、旅行の計画なども立てやすくなります。中には、ピルというだけで抵抗を感じてしまう人もいますが、生理痛がひどい場合は一度医師に相談してピルなどの対策をたてるというのもひとつの方法です。